www.grandpasballsack.com
ようやく投資すると時という局面では、何をおいても下調べを手抜きしてはいけません。トレードを行う前であったならば、出来事を合理的に見ることが出来ます。しかしながら、いっぺん市場の内側へ足を踏み入れると、何をしても物の見方が偏ったものになってしまい正しい判断を下せなくなる危険があります。それゆえに己の頭の中が合理的な段階で、準備が大事です。”準備”のためには、最初はあなただけの物語を描くことからスタートする。為替相場はこうなってああなるから豪ドルを買う(あるいは売る)というようにあなただけの脚本を書いていきます。次にローソク足チャートをチェックしよう。過去のレートの上下を見極めて、今現在の値段を見ます。そうすれば、「現在は相当偏った段階である」とか、それとも「もう多数の投資家が取引しているからこれから慌てて取引しても今となってはなすすべがない」ということが納得できます。言うまでも無くもはや買い(または売り)するのが手遅れだなと考えたら、エントリーしないで、その状況ではすっぱりと諦めることが必要です。自分なりの台本を引き下げないで、無理やり売買すると、為替相場に押し返されて、むしろ損失を被ることになる危険があります。ただ多くの場合では、用意周到にあなたなりの台本を作っていれば、売買が遅いなという具合にはならないと考えます。おそらく、リアルに市場が上げ下げする前のはずです。次に、自分が取引しようと考えている外貨ポジションの推移を注意深く確かめる事が不可欠です。仮に円安になるはずだという台本を作ったのであれば、その外貨の変化に注目しておきます。為替相場の推移を注意を払い始めた段階ではまだドル円は上下動する気配を見せることなく、小幅な動きを繰り返しているだけでしょう。しかしながら、その上下動を正確にチェックしているとある場面でドル高へと相場が変動し始めます。この状況で初めてドルのトレードします。基本的に、ここまで周到に事前準備を進めておけば、その売り買いで利益を上げる率は比較的大きくなります。