www.grandpasballsack.com
為替介入は耳にした事がありますか?日本銀行が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、雑誌記事、テレビのニュースグーグル等のニュースで注目した方もいると思います。初めから外国為替平衡操作(為替介入)というものは日本の場合、・財務大臣が為替の安定性を実現させるために施行するやり方ということで使われています。要は、激しい円高、円安が発生すると財務大臣の指示によって日本銀行が円を取引することで為替相場を安定させる、ものを言います。外国為替市場介入(為替介入)にはやり方が何通りかあります。1.単独介入・・・行政または日銀が東京での市場において直接市場に参加して為替の介入を行なう。2.協調介入・・・複数の銀行などが話し合いそれぞれの通貨当局の資金を用いみんなそろってないし小出しに為替の介入して行く。3.委託介入・・・国外の銀行などに向けて為替介入(外国為替平衡操作)を任せる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他の国の銀行などと代わって為替介入を遂行する。以上のような方法です。いずれの介入もその場、もしくは当分市場に影響力を与えるのです。為替介入のお金はさすが国の誇りをかけて行なうのですから桁外れです。円を基本にしてみると、日頃は数銭単位で動く円レートがいきなりかなり変化をします。個人の投資家の方ならば一回は経験があると思いますが、それまで順当に含み益(もしくは損失)を増やしていた持ち高を持ち続けていたのに、ポジションが決済したという報告が外国為替の会社の発信でEメールが来ました・・・どのくらい得になったのかな(損益が出たのかな)?と考えながら決済の通達を確認すると自らが見込んでいた事とはまったく逆の内容であり息を飲んだとの事例がありました。為替介入(外国為替平衡操作)が行われた時に多く聞いた話なのです。このように外国為替市場介入(為替介入)が実施されることで、為替の流れと逆の変動をすることがわかります。加えて変化する金額の幅はものすごく大きくでかく変わりますので用心しましょう。